やる気が起きない人が新しい習慣を身につけられるポイント

こんにちは。記事を少しお休みしてしまっていました。すみません。

またちょくちょく大学生に役に立つ記事を書いていきたいと思いますのでこれからも応援の程よろしくお願いします!


今回は僕が好きな格言から「習慣」についてお話ししていきたいと思っています。まず、は格言の紹介。

習慣は条件づけです。
あなたが悪い習慣に条件づけられたなら、
あなたはよい習慣にも条件づけられます。

   ジョセフ・マーフィー

僕の大好きなジョセフ・マーフィーの格言です。とは言っても、習慣して何かを行うことは本当に難しいですよね。僕も記事更新を毎日行おうとはしていますが、実際続けるのは難しいのが現状です。

実は習慣形成には科学的なコツがあるのです。

それを知っているか知らないかだけで大きな差が生まれます。

この記事では習慣化を簡単に身につけられるポイントをわかりやすく紹介していきたいと思います。皆さんの大学生活にとってプラスになるように丁寧に紹介していきますね。

意志力は「習慣化」のために使う

人間の意識力には限界があります。そのため、目の前で問題が起きた時には真っ先にそれを対処しようとするのがほとんどの人の行動です。

この限られた意識力を「どこに使う」かが重要になってくるのです。

貴方の周りに意志の強い人はいませんか?その人はきっと「習慣化を身に着けること」に意志力を使っています。

一定期間習慣化のために意志力を費やせば、あとは自動で身につくのでそれ以上余分な意志力を消耗する必要がありません。

まずは、習慣化させるために意志力を使うということをポイントとして押さえましょう。

何かを始めるとき人は人間の容量は残量0

何かを始めるとき人は人間の容量は残量0

新しい習慣を身につけるためには先ほども言いましたが、スペースを空けることが重要です。

「スマホをいじっている時間を潰せばいい。」簡単に言いますが、それはすでに貴方の中では習慣になっています。やめるのにはそれ相応の力がいることを覚えておきましょう。

今までのポイントが抑えられている人は意識力の力がわかっていると思うので大丈夫だと思いますよ。

それでも何からやめればいいかわからない

そんな貴方はまず、紙とペンを用意しましょう。

そして、貴方が1日に行ったことを時系列に書き出してみましょう。

管理人 ある日の例


起床授業
ps4帰ってくる
二度寝スマホ
歯磨き歯磨き
スマホスマホ
お昼就寝

 

はい。典型的なごみですね。こんな私ですが実はこれは2年前の私の一日のスケジュールです。

私は、ウェブサイトを作りたいと決意し、そのためには何か時間を消さないといけないと思い立ちました。

では、どこから消せばいいのでしょうか?

消すもの・いらない時間の基準

簡単です。

タメになっているか・惰性の行為でないか・心に罪悪感はないか

という点で判断していきます。

私の場合は言わなくてもわかりますね。

そう、スマホとps4でした。

なんとなくやっている、暇だから、

その行為をしているときにこんなことをしている場合じゃないと思った時は消すべき行為であることがほとんどです。

お試しでやってみよう!

まずは1日でいいので、一度やめて見ることが大切です。

そして、その後空白の時間で何ができたか考察することが大切です。

そこで、プラスになった行為が身につけるべき習慣です。

まとめ

いかがでしたか?

意識力の使い方と自分の容量のコントロールについてお話ししました。このポイントさえ押さえておけば、きっと貴方も習慣が身につくはずです。


大学生プラスではこの他にも大学生のためにプラスになる情報をたくさん紹介しています。良かったら、他の記事も読んでみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。