男性のうなじ脱毛の3つメリットと注意点を徹底解説

おしゃれ男子の間で必須アイテムになっている条件が『メンズ脱毛』です。男性でも脱毛を行って肌を清潔に保つことが当たり前になってきています。今回は襟足、うなじに焦点を当ててうなじ脱毛のメリットと注意点について徹底解説していきたいと思います。

男性のうなじ脱毛の3つメリットと注意点を徹底解説

脱毛初心者くん
春になり暖かくなってきたので、一度髪をさっぱり切ろうかな〜。
 脱毛経験者G 
ちょっと待ってください。実は自分自身では気づきにくいある部分を異性はしっかりと見ています。そう、「襟足」です。
うなじ部分は自分自身ではなかなか確認しづらい部分ですが、相手からは正面と同じくらい目立つ部分です。
メンズ襟足
うなじの毛は、意識して処理をしているメンズはほとんどいないと思います。しかし、男性は女性に比べて髪の毛を短くする傾向にあります。そのため、女性の襟足、うなじ脱毛にくらべて必要性は高い部位なのです。美容院などで襟足やもみあげを整えてもらえることは可能ですが、そのままの状態をキープできるのは持っても2週間ほど。そのまま放置してしまうと、ムダ毛が伸びてしまい、清潔感のあるイメージが下がってしまいます。自分で見えない部分なため、手入れを怠ってしまいがちですよね。脱毛サロンや医療クリニックなどで脱毛を行えばこのような面倒臭さからも解放されます。

うなじの生え方や特徴は?

うなじの生え方の特徴

脱毛初心者くん
なるほど。確かにうなじを気にしたことは今までありませんでした。美容院に行くだけではキープできないのは確かにその通りだと思います。うなじの生え方や特徴はどのようなものなのでしょうか?
うなじの毛は腕の毛やすね毛などと比べると、毛根は薄くいので、薄い毛が生えています。そのため、男性が襟足の毛を整える時には、自分の髪型、骨格にあった施術を行うと失敗などはしないでしょう。毛量が多い人やくせ毛が生えている場合には毛量を減らすのがおすすめです。また、毛量が少なく直毛が生えている人には、しっかりと処理を行うことをおすすめしています。うなじの毛を整えると、首回りのトーンがワントーン明るくなるため、相手に対して自然で明るい印象を与えることができます。

うなじ脱毛の主な施術方法は3種類

3種類のうなじ脱毛

メンズのうなじ脱毛には3種類の施術方法があります。確認しておきましょう。

医療レーザー脱毛

こちらの脱毛はプロによる医療レーザーを使った脱毛です。医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応してレーザーを照射することにより、脱毛を行います。レーザーは毛を生やす組織までダメージを与えるので一番効果が早くみられます。また、痛みや肌へのダメージも最小限に抑えることができます。

ニードル脱毛

永久脱毛を行いたい方はニードル脱毛をおすすめします。こちらの脱毛は毛穴一つ一つに針を入れ、そこに電気を通し、毛根・毛球・毛乳頭の全てを破壊して脱毛を行います。痛みは一番大きく、価格も20〜30万円と高額ですが、効果に関しては一番です。

エステ(フラッシュ)脱毛

こちらは、レーザー脱毛なのですが、医療用のレーザー脱毛ほど照射力は高くありません。医療用レーザー脱毛は医療機関でしか行えませんが、こちらの脱毛はサロンで気軽に行うことはできます。一時的に抑毛ができる程度で菅、価格は非常にリーズナブルです。回数はかなり通う必要があります。

襟足脱毛を行うときの3つのメリット

裏技

脱毛初心者くん
脱毛方法もしっかりと理解できました。襟足脱毛を行うことによって具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?詳しく知りたいです。
 脱毛経験者G 
うなじ(襟足)脱毛を行うことには様々なメリットがありますが、今回は大きく3つに分けたので1つ1つを詳しく紹介していきたいと思います。

見た目が綺麗になる

うなじの毛を処理することにより、首回りがすっきりと見えるので、首が長く細くなった印象を与えることができます。また、肌のムダ毛を脱毛すると肌がワントーン明るくなり、好印象を与えることができます。

清潔感がUPする

いくら良い美容院でヘアスタイルと綺麗に整えたとしても、男性のうなじは男性ホルモンの影響もあり、女性よりも太く、濃い毛が生えやすくなっています。そのため、うなじのムダ毛が目立ってくると髪の毛とうなじの境目がわかりにくくないります。そうなるとだらしなく、不衛生な印象を相手に与えてしまうこともあります。襟足を脱毛するだけで、爽やかで清潔感のある印象を相手に立つことができますよ。

好感度が上がる

女性は男性のムダ毛に対して良いイメージを持っている人は少ないです。首回りがすっきりとしているだけで女性受けもよくなり好感度の高い男を目指せます。ビジネスシーンでもプライベートシーンでも好感度が高い方が良いですよね。

襟足の自己処理は可能なのか?

脱毛初心者くん
色々とお話を聞いてきたのですが、結局うなじは自己処理ができるのではないかと思いました。専門家からみた意見を聞きたいです。
結論から言うと、鏡を見ながら自己処理をするのはかなりの難易度がいります。首周りには人体の中でも重要な血管が集中しています。そのため、剃刀などで自己処理を行うことは大変危険でおすすめしません。自己処理は何かのはずみで出血してしまったり、肌トラブルがおきてしまう可能性が高いため自己処理は避けた方が良い部位なのです。
脱毛サロン、クリニックでの手入れがどうしても好まない方は、床屋か美容院でケアをしましょう。

床屋

床屋で襟足の毛を処理してもらう場合には剃刀を使用してもらうことが多いです。そのため、髪との境目がしっかりわかり、シャープでかなりすっきりとした仕上がりになります。ビジネスシーンで活躍することが多いでしょう。清潔感がより出るので、真面目な印象を持たせたい方にはおすすめできます。

美容院

美容院での襟足の処理は電気シェーバーを用いて、産毛を撮る程度に仕上げてくれます。そのため、自然な感じでまとめたい方にはかなりおすすめできます。


床屋でも美容院でもどちらも1〜2ヶ月ほどで、元の状態に戻ってしまうため、こまめに通わなくてはいけないというデメリットがあります。

脱毛サロンとクリニックでの料金と期間の違いは?

お金比較

自己処理での危険度は理解していただけたかと思います。それでは、脱毛サロン、医療クリニックでの価格と期間の違いを見てみましょう。

脱毛サロン医療クリニック
料金3~5万円前後6~8万円前後
期間1〜2年程度1〜2年程度
 価格は医療クリニックの方が少し割高になっています。なぜかと言うと、医療クリニックで脱毛を行う場合は永久脱毛になるからです。毛質や体質などに合わせて個人差は多少出ます。

どのくらいの施術期間がかかるのか?

どのくらいの施術期間がかかるのか?

施術期間に関しても毛量によって個人差が出てきます。目安としては完全なツルツル肌になるまでにはフラッシュ脱毛で2〜3年ほどの期間は必要になります。効果が出てくるには4ヶ月から1年ほど。さらに自己処理の回数が減ってくるようになるには1~2年の期間が必要になってきます。手の甲、指に関しては毛周期の兼ね合いもあるため、2~3ヶ月に1回のペースで施術を行っていきます。レーザー脱毛の場合は出力が高いため、最短で1年ほどで終わるようです。

脱毛時の指の痛みは?

男性悩み

手の指の脱毛は比較的痛みを感じやすくなっています。特に痛みを感じやすい人は、

・日焼けをしている
・毛自体が太く濃い
・指が細く脂肪が少なく人
・指が乾燥していたり荒れている
このような人は痛みが強く出てしまう傾向にあるようです。

日焼けをしている

先ほども話したように、日焼けをしていると脱毛を行うことは基本的にできません。日焼けをしている状態で脱毛を行うと肌全体に強い熱が伝わってしまいます。

手の甲の肌にも当然神経が通っています。そこに強い熱がかかると痛みが発生してしまいます。

毛自体が太く濃い

毛が濃い人は毛根がしっかりしているため、毛根に入っていく熱量も相対的に上がってしまいます。毛根周辺には神経が集中しているため、脱毛を行った時に熱で痛みが発生してしまいます。

指が細く脂肪が少なく人

脱毛の痛みは通常骨に近いほど強くなります。指は骨と皮膚が近い位置にあるため、痛みが出てしまいやすい箇所となっています。

指が乾燥していたり荒れている

これはどの脱毛箇所にも言えますが、肌が乾燥していたり荒れてしまっている状態だと痛みが発生してしまいます。しっかりと保湿をして脱毛をいつでもできる環境づくりをしておくことが必要です。

うなじ脱毛の3つの注意点

注意点

男性のうなじ脱毛にはメリットがありますが、施述語に注意しなければいけないポイントが3点あります。

硬毛化

硬毛化は脱毛施術時に、肌にレーザーを当てたことにより、毛が硬くなり、太くなってしまう現象のことです。

硬毛化については脱毛経験者の1〜2割程度の人しか経験していませんが、誰にでも起こりうる可能性は十二分にあります。

医師の技量によっても硬毛化の起きる確率は変わるため、信頼できる医師を選んで施術を行うことがリスクを減らすポイントです。

シミ

脱毛を行なっている場合は、肌に光やレーザーを当てているため、刺激を受けやすい期間となっています。そのためシミができやすくなっている期間であるとも言えます。

襟足、うなじは露出が多いため、紫外線を他の部位よりも浴びやすくなっています。日焼け止めを塗るなどの、UV対策をきちんと行うことが重要です。

毛嚢炎

毛嚢炎は毛を包み込んでいる毛包に雑菌などが入り込むことによって炎症が起こり、ニキビや赤みのような症状が現れてしまう状態のことです。

毛嚢炎は安静に過ごすことにより1週間ほどで症状が治ることがほとんどです。

1週間以上経過しても治らない場合は皮膚科に受診することをおすすめします。また、医療クリニックの場合専門の医師が在籍しているため、受診をすれば処方箋を受けることができます

まとめ

男性のうなじは脱毛の意識が低い部位ですが、今回の記事で脱毛をする大切さがわかったと思います。メンズ脱毛初心者の方は、まずは眉毛脱毛サロンにカウンセリングに行ってみることをおすすめします。

メンズの脱毛について気になった方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。Compass」では10〜20代のメンズに対して毎日美容情報をお届けしています。よかったら明日も見てください。それでは。今日も行ってらっしゃい!