20代にオススメ電気シェーバー|肌に合ったタイプ別10選

10代後半からの悩みの一つといえば、髭剃りがあげられます。自分の肌の質感も理解できていないですし、シェーバー自体様々な機種が販売されているので、どれを選んでいいかもわからない。。
今回は、電気シェーバーの選び方や、それぞれの肌質に合ったオススメの電気シェーバー、コストパフォーマンスが良い電気シェーバーを紹介していきます。

電気シェーバーの選び方

肌質で選んでみよう

肌質で選んでみよう

電気シェーバーを選ぶ上で一番重要なのは自分の肌質に合っているかです。

性能が優秀な電気シェーバーを選んだとしても、敏感肌の人が深剃り用のシェーバーを選んでしまった場合、肌を傷つけてしまいます。
電気シェーバー選びはヒゲの濃さ・生え方・密度などで選ぶことも必要ですが、まずは自分の肌質を理解してそれを基準に選びましょう。
自分の肌質に合ったケアコスメも紹介しているのでよかったらそちらも合わせて読んでみてください。

敏感肌派
乾燥肌な人や、シェービングを行った時に剃刀負けが起きて肌が荒れてしまうかたは敏感肌です。敏感肌の人は回転式の電気シェーバーを選ぶと摩擦を抑えて肌へのダメージが少なくて済みます。敏感肌ですが、深剃りをしたいという方は、ロータリー式を選ぶとダメージを抑えながらしっかりと剃ることも可能です。
深剃り派
髭が濃く、夕方には朝剃っても生えてしまうかた、髭に癖がある方などは深剃り派です。深剃り派の人には往復式の5枚刄の電気シェーバーや、ロータリー式を選ぶと良いでしょう。

電気シェーバーの駆動方式を理解しよう

さっきからロータリー式とか回転式とか言ってるけど何のことなの?
シェーバといっても駆動方式によって、全く異なる剃り方をします。駆動方式とは内刄の動き方のことです電気シェーバーの駆動方式は、左右に往復する「往復式」、内刄がらせん状に回転する「ロータリー式」、回転しながらシェービングを行う「回転式」の3種類が主な駆動方式です。
この駆動方式を理解すると、電気シェーバーを選ぶ際に選びやすくなります。

往復式

往復式

往復式は左右に往復する内刄でひげを剃る方式です。その際、網状の外刄でひげを立たせて剃りやすくさせます。

内刄が高速で往復するため、太いひげや濃いひげ、細い毛からくせ毛などもしっかりと深剃りをすることが可能です。
高速で振動し、シェーバーを上下に動かしながらシェービングを行うため、摩擦が強くひげが薄い方にはあまり向いていません。しかし、パワーが強く、朝の時間がない人やひげの濃い方のシェービング時間短縮には向いています。

基本的に刃の枚数が増えるほど価格は上がりますが、その分往復回数が減り肌へのあダメージは減らせます。敏感肌でも時間短縮で使いたい方は、外刃の枚数が多い電気シェーバーにしましょう。

回転式

回転式

回転式は外刄が円形で、内刄が中で回転運動をおこない、ひげをシェービングします。

一度に広範囲のひげをそれます。そのため、肌を何度もこする必要がなく、摩擦が軽減されます。敏感肌の人にオススメです。

外刄の枚数は1〜3枚まで販売されています。枚数が多い方が、ひげを剃る範囲が広がります。

動作音が往復式より少なく、オイル差しなどが不要なのでメンテナンスも簡単です。肌へのダメージがきになる方は回転式がおすすめできるでしょう。

ロータリー式

ロータリー式

往復式と似たような見た目ですが、ロータリー式の場合は、外刄でひげを捉え、らせん状の内刄が外刄の内側で回転します。

往復式と回転式、二つの特徴を併せ持っており、動作音は静かです。

こちらの方式はスピーディーにシェービングができるようになるまで時間がかかりますが、肌当たりが滑らかでそり味はシャープなのでT字カミソリのように使えます。

電源タイプから選ぶ

電源タイプから選ぶ

電気シェーバーの電源タイプは、「充電交流式」、「乾電池式」「充電式」の3種類があります。それぞれ特徴があるのでみていきましょう。

充電交流式
充電交流式は、コンセントに充電コードをさしながら使用するタイプです。
ドライ剃りのみの電気シェーバーに多く、充電切れの心配がなく常にフルパワーでシェービングすることが可能です。

乾電池式
こちらのタイプはバッテリーを搭載せずに乾電池をしようするタイプです。安価なモデルが多いのが特徴です。
高出力なアルカリ電池を使用しましょう・旅行や出張などで使用すると、電源がなくても使用できるので便利です。

充電式
充電式は使用前の充電が必要です。
お風呂で剃るときやシェービングフォーム・ジェルなどを使用したい方はこちらの方式のシェーバーを選ぶと良いでしょう。

防水の有無で選ぼう

防水の有無で選ぼう

電気シェーバーはカミソリと違い、ジェルやフォームなどを使用しなくても簡単にひげを剃ることができるのが特徴です。しかし、お風呂などで電気シェーバーを使用したいという方は、防水機能が付いている電気シェーバーを選ばなくてはいけません。

シェービングフォームやジェルを使用すると摩擦を軽減でき肌に優しくひげ剃りをすることが可能なので、肌が敏感な方は駆動式と合わせて防水の有無もチェックしましょう。

本体を丸洗いできる電気シェーバーはお手入れもしやすく人気があります。

洗浄方式で選ぶ

洗浄方式で選ぶ

電気シェーバーは使い続けると皮脂やひげクズなどが溜まります。これにより、菌が繁殖し、悪臭が発生したり、ニキビや肌荒れの原因になることもあります。
週に1度は付属ブラシなどで手入れを行いましょう。
メンテナンスが苦手な方には、シェーバーを置くだけで、洗浄・乾燥をしてくれ充電機能も兼ね備えている全自動洗浄器付きモデルがおすすめです。価格は高くなりますが、これ一つでメンテナンス、充電まで行ってくれます。
また、本体を丸ごとできる水洗いモデルは、全自動洗浄器付きモデルより低価格でもメンテナンスが洗うだけなのでブラシなどを使うよりも簡単に使うことができませす。

電気シェーバーの人気ブランド

電気シェーバーは各ブランドによって特徴があります。それぞれのブランドで自分に合う合わないがあるのでチェックしておきましょう。

ブラウン(BRAUN)
ブラウンはドイツ生まれのパワフルな剃り心地が特徴です。
全自動洗浄付きの上位モデルは潤滑化も行ってくれるため、清潔性と滑らかな使い心地を保てます
3.5
パナソニック(Panasonic)
「ラムダッシュ」というリニアモーター搭載のシリーズが人気です。こちらのシリーズは早剃りや深剃りが得意で、つなに最大パワーを保てます。
3.5
フィリップス(Philips)
回転式といえば、フィリップスです。敏感肌の人から絶大な人気を集めており、動作音も静かなため、うるさいのが苦手な方にもおすすめできます。
3.5
IZUMI(泉精器)
低価格でコストパフォーマンスが良いモデルが多いのが特徴的です。
初めて電気シェーバーを試す人や、旅行用に購入する人におすすめです。
3.5
日立(HITACHI)
ロータリー方式を唯一搭載しているメーカーです。手持ちの洗顔料でシェービングが可能なので、専用のクリームを購入する必要がなく、気軽に使えます。
3.5

おすすめシェーバー10選を紹介

深剃り向けのおすすめシェーバー

ブラウン シリーズ9 9280CC-P

ブラウン シリーズ9 9280CC-P

深剃りといえば。ブラウン。ブラウンといえば深剃りです。効率的なシェービングで剃りにくいくせ毛もしっかりと深剃りができる全自動洗浄器付きのシェーバーです。

シェービング時にはチタン加工をしているリフトアップ刃が、寝ているひげを持ち上げてカットします。また、剃り残しがないように、暑さ0.15,,のくせひげキャッチ刃を搭載。こちらの刃はさまざまな方向に生えるひげを整えて剃りあげることが可能です。
音波により、毎分1万回の振動が肌を震わせ、多くのひげを一度に剃ることが可能です。ひげが濃い方、くせがある方におすすめできます。

パナソニック ラムダッシュ ES-LV7D-T

パナソニック ラムダッシュ ES-LV7D-T

こちらのモデルは5枚刄を搭載しています。長い髭から寝たひげまで様々なひげに対して深剃りが可能です。また、「5Dアクティブサスペンション」を搭載することにより、小回りの効きに草をカバーしあご下に密着します。これにより喉や首などの剃りにくい部位にも対応します。

また、パナソニック独自の「ラムダッシュ AI」を搭載。ひげの生え具合によって最大パワーを調節してくれます。また、ES-LV7D-Tには全自動洗浄器が付属しているので、お手入れも簡単です。

日立 ロータリージーソード RM-LX10D-S

日立 ロータリージーソード RM-LX10D-S

日立独自のロータリー式で深剃りを可能に。さらに往復式トリマーのくし状の刃が左右に動くことでくせ毛や長いひげなどを取り込めます。

左右、上下方向に可動ができる3D密着レザーヘッドを採用しており、力を入れずにシェービングが可能。敏感肌ほどではなくても、肌がヒリヒリしてしまう方にはおすすめできます。

お手入れは水洗いし、専用の充電器に差し込めば90分ほどで、乾燥・除菌・防臭まで行ってくれます。

ブラウン シリーズ5 7893S

ブラウン シリーズ5 7893S

ブラウンの3枚刄モデルです。人工知能により、自動でひげの濃さを読み取りパワーを調節してくれます。ヘッドが動くのでくせひげもしっかりと剃り上げてくれます。

また、それぞれの刃が独立して浮き沈みする構造になっているため、顔の凹凸にも対応が可能。お風呂でも防水設計となっているため、安心して使用が可能。もちろん丸洗いもできます。

パナソニック ラムダッシュ ES-ST6R-K

パナソニック ラムダッシュ ES-ST6R-K

 パナソニックの3枚刃モデルです。風呂剃りが可能なのが特徴的なこの電動シェーバー。洗顔剤やボディーソープでもシェービング用の泡を作れる「泡メイキングモード」を搭載しているため、肌への負担が少なくて済みます。
軽い使用感なので、カミソリのように逆手持ちで使うこともできます。使いやすさの点から深剃り電気シェーバーの初心者の方におすすめできます。

敏感肌向けのおすすめシェーバー

フィリップス 9000 プレステージ メンズ 電気シェーバー 72枚刃 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 SP9863/16

敏感肌向けのおすすめシェーバー

敏感肌の人にはフィリップスがおすすめ。回転式の刃は肌に優しく、敏感肌の人でも安心して使用することができます。特にこのモデルは値段はしますが、お風呂剃りの場面でも使用可能。また、丸洗いも可能なのでとても便利なものになっています。

フィリップス 7000シリーズ メンズ電気シェーバー アプリ連動タイプ 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 トリマー付 ブラック/メタリックスカイブルー S7930/16

敏感肌向けのおすすめシェーバー

 はには「ジェントルプレジョン刃」という皮膚科医との共同開発で生まれた刃を使用。ストローク数を極限まで減らせるこの電気シェーバーなら、デリケートな肌を守れます。
また、アプリとの連動で、カミソリ負けや、赤みなどの肌の悩みを解消するアドバイスを受けられます。自分だけのシェービングプランを考えられるのは魅力的ですね。

コスパ重視。1万円以下のおすすめシェーバー

ブラウン メンズ電気シェーバー シリーズ3 3010s 3枚刃 水洗い/お風呂剃り可

コスパ重視。1万円以下のおすすめシェーバー
 コスパの中でも特におすすめしたいのがブラウンのシリーズ3です。3つの刃が独自に動く3連サスペンションヘッドを搭載しており、それぞれの刃が肌の凹凸に合わせてシェービングを行なってくれます。
水深5mでの環境でも使用できるIPX7認定がされており、防水の面では安心。丸ごと水洗いが可能なので、手入れも簡単です。

IZUMI S-DRIVE ソリッドシリーズ 往復式シェーバー 4枚刃 ゴールド IZF-V558-N

コスパ重視。1万円以下のおすすめシェーバー

4枚場で濃いひげも素早くカットできるパワフルモデルです。本体は丸洗いがあk脳です。

アクティブキャッチトリマーという新形状により、くせひげを捕える確率を大幅にあげました。

価格も5,000円を切るのでまさに、初心者モデルと言えるでしょう。

日立 メンズシェーバー メタリックレッド RM-LF463 R

コスパ重視。1万円以下のおすすめシェーバー

4枚刃が独立して浮き沈みし、肌にフィットします。深剃り派の方におすすめできる電気シェーバーです。お手入れ時には「ウォーターウィンドウ」から流水をかけることにより、簡単に外刄と内刄を同時洗浄することが可能です。


替え刃の交換目安について
電気シェーバーの外刄・内刄は消耗品です。そのため、定期的な刃の交換が必要になってきます。交換時期は1年〜2年がおおよその目安となっています。
シェーバーの使用時間が長ければ長いほど刃の寿命は短くなるため、一般的にひげが濃い方の方が交換時期が早いと言われています。こまめに刃はチェックしましょう。

あなたに合った電気シェーバーを

あなたに合った電気シェーバーを

いかがでしたか。電気シェーバーはメンズにとって欠かせないものだと思います。毎日使用すると思えば、少し値段が張っても自分の肌に合ったシェーバーを購入した方が毎日を楽に綺麗に過ごすことができますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。「Compass」では10〜20代のメンズに対して毎日美容情報をお届けしています。よかったら明日も見てください。それでは。今日も行ってらっしゃい!