大学生の夏休みはバイトだけ?大学3年目が語る夏休み失敗しない過ごし方

夏休みも開始から2週間ほどが経過しましたね。皆さんはどのように過ごされていますか??

「部活で毎日大学に通っている」「友達と海外旅行」「バイトで稼ぎまくっている」など過ごし方は人それぞれだと思います。

人それぞれ楽しみ方が違う夏休み。実は大学生活1年間の4割ほどは長期休暇が占めています。

そこでこの長期休暇を遊び、バイトで後悔する人と、自分が成長するために有意義に過ごす人とでキャリアに大きな差が生まれます。

今回は大学生活で失敗しない長期休暇の過ごし方のヒントを紹介したいと思います。


「時間」と「お金」どっちが大事??

「時間」と「お金」どっちが大事??

大学生の長期休暇を合わせると1年間で5ヶ月です。5ヶ月ですよ!!これは4年間の大学生活の4割も占めます。つまり、長期休暇を有意義に過ごすことを考えることは、大学生活の過ごし方の大半を決めることになると言い換えることができます。

僕は昨年、夏休みをフルにアルバイトに注いで社会人に負けないくらい稼ごうと思いました。結果は後ほど書きます。

では、大学生にとって「自由に使うことができるお金」と「長期休暇中に自由に使える時間」のどちらが貴重か考えてみましょう。

学生が夏休み2ヶ月間をフルタイムで(50日間 時給1000円とします)アルバイトした場合と新入社員が働いた場合で比較してみます。

2ヶ月アルバイトに注いだ大学生
50(日)×8(h)×1000(円)=400,000(円)

平均的な月収2ヶ月分の新入社員
200,000(円)×2ヶ月=400,000(円)

※参照:平成27年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:学歴別にみた初任給

いかがですか?変わらないことがわかりましたね。しかし、せっかくの夏休み。休むこともなく業務が将来につながるわけでもないアルバイトに2ヶ月間の自由時間を使うことは果たして適切なのでしょうか?


一般企業に入社したら、大学生活の夏休みの全てを捧げて得られるお金を毎月稼ぐことができます。

しかし、社会人になり、まとまった自由な時間を得ることができるのは何十年先の話かわかりません。人によって価値観は変わるので一概には言えませんが、「自由な時間」を優先させた方が良いと思います。

ちなみに、僕はバイトを3つ掛け持ちして、月210時間ほど働いていました。案の定9月の頭に体を壊して1ヶ月入院。入院費の100万円ほどを考えると取り返しのつかないミスをしてしまったと思います。友達と遊んでおけばよかった。。

長期休暇の有意義な過ごし方

では「自由な時間」の有効利用方法についてお話ししたいと思います。あなたにとって有意義な時間とはどんなことですか?「将来やりたいことに向けて資格をとる」「海外で働くために留学したい」「学生のうちにしかできないことをやってみたい」など、自分なりに目的を設定することで時間を有効利用したと感じることができます。

しかし、「目的がはっきりとしない」「選択肢がない」という人もいますよね。そんな人のために、大学生ならではの夏休みを有意義に過ごすための選択肢をいくつかご紹介したいと思います。

将来の選択肢を考える、視野を広くする

小学生のうちから「商社で働きたい」「広告代理店で働きたい」などと明確な答えを言う人はいません。理由は簡単で、専門的な仕事に触れる機会や知る機会がないからです。

「大学生」と言うブランドを利用して、様々な社会人に会ったり、そのような企業が主催しているイベント、セミナーに出てみる、調べてみるのはいかがですか?

現在、社会人と直接会って話せるサービスはたくさんあります。

お金の稼ぎ方を変えて幅を広げる

投資や株の話ではありません。(笑)学生時代のお金を稼ぐ方法として「長期インターンシップ」と言う方法もあります。私もこの夏は長期インターンシップでお金を稼ぎながら自分のスキルアップをすることに挑戦しています。

長期インターンシップでは、バイトと同様の金額を稼ぐことができ、さらに就活や将来に役立つスキルを学ぶことが可能です。就活を行う前の大学1〜2年生から応募することができるのもおすすめできる点です。

大学生の夏はチャレンジの夏です。自分の幅を広げるため、長期インターンシップに挑戦するのも一つの手段です。

バックパッカーで武勇伝を作る

バックパッカー

「学生時代は旅行に行くべき」とよく聞きますよね。だとすれば、普通の旅行ではなく安価で様々な出会いや予想外のチャンスに巡り会える「バックパッカー」も一つの選択肢だと思います。自分の人生にとって武勇伝を作るのも良いでしょう。

後悔しない夏休みを

50日程度ある夏休み。普段できないような機会に挑戦して自分の「やりたいこと」を見つける期間にしてみてはいかがでしょうか?

夏休み明けに他の大学生に差をつけられるように過ごしましょう!


最後まで読んでいただきありがとうございました。大学生プラスではこの他にも大学生に向けた情報を発信しています。よかったら他の記事も読んでみてくださいね。最後まで読んでいただきありがとうございました。