安倍総理が吉本新喜劇に出演。
その裏側の事実とは

 2019年4月20日に安倍総理が吉本新喜劇に出演して大きな話題を呼びました。Twitterなどの各種SNSではものすごい拡散されていましたね。一見ほんわかしたニュースに見えますが、実はその裏側には選挙が絡んでいると私は思います。今回は「なぜ安倍総理が吉本新喜劇にこのタイミングで出演したのか。」その真実についてお話ししたいと思います。大学生なら必ず知っておくべき事実です。しっかりこの記事で確認しておきましょう!


負け戦だった衆議院補選

 実は、4月21日」に衆議院補選が行われていたのをご存知ですか?最近街中でよく選挙カー見た人も多いのではないでしょうか?自民党は衆議院補選で大阪12区と沖縄3区大敗を喫しました。しかしながら、自民党は始めから勝てそうにない候補を二つの地区には出していたようです。

 今回沖縄3区に出馬した島尻安伊子氏は、2016年に沖縄担当大臣だったのにも関わらず落選していました。今回も野党系の屋良朝博氏に1万7000票以上の差を付けられて敗退しました。昨年9月の知事選では応援に3度も駆けつけた小泉進次郎さんも今度ばかりは始めから沖縄応援には入らなかったようです。もちろん、今回のニュース解説の主役である安倍晋三総理も沖縄応援に入っていません。最初から自民党に見切りをつけられていたようです。

 大阪12区に出馬した北川晋平氏は父親の市長選出馬と引き換えになり出馬しましたが、最初から当選の希望は小さかったようです。

新喜劇に出演したことで負け戦感を打ち消した!?

 内閣総理大臣は負け戦には応援に入らないというのが暗黙のルールです。しかし、今回は北川氏の負け戦を承知で大阪入りをしたようです。

 理由は昨年の自民党総裁選への恩返しが大きいようです。石破茂氏の影響が大きかった大阪府連が安倍総理を支持したことで安倍総理は総裁選で勝利をすることができました。

 負け戦としての影響を最小限に抑えるため、大阪入りの名目も「6月下旬に開かれるG20のためのPR」という名目で大阪入りをした安倍首相。吉本新喜劇の舞台に登場したのも、その一つと言えます。

世論の反応?

 安倍首相の吉本新喜劇への登壇。果たして世の中の反応はどうだったのでしょうか。

 30代以上の人には

「真剣に選挙を行なっている中で、呑気に舞台に出ている場合なのか」

「大阪維新の会陣営に首相が行くのはありえない」

などの怒りの声が多いようです。

しかし、20代後半や大学生の方は

「首相が吉本に出ているのは面白い!」

「平和な日本で良いと思う。」

などだいぶ異なった意見が多いようです。

選挙に少し興味を持とう!

今回の年代別の意見で思ったことは、私たち大学生は少し選挙に対しての興味がなさすぎるのではないかということです。冒頭でまとめたような選挙背景をしっかりと把握しておけば、ネットなどに出ている「楽しそう」「面白い」などといった意見は簡単には出てきません。少し、政治に耳を傾けるだけで全く変わった味方になります。大学生の方なら少しは政治についてのニュースを見てみましょう!このサイトでは政治についてのニュースもわかりやすくまとめています。大学生の忙しい時間の中でも見れるように短くまとめていますので是非みてくださいね。最後まで見ていただきありがとうございました。