大学生におすすめのノートパソコン 選び方も紹介

 大学に入ると必須となってくるアイテムがあります。そう、ノートパソコンです。ゴールデンウィーク明けからいよいよ授業が本格化して、レポート課題などが出てきます。そうした時に、ノートパソコンがないと、わざわざ大学に行って端末室などでデスクトップパソコンを使用して作業を行わなければいけません。しかし、ノートパソコンがあれば自宅でも、カフェでもどこでも作業をすることができて大変便利です。また、自分だけのフォルダなどが作れたり、自分好みにカスタマイズした方が絶対に使いやすいですよね。

今回は、大学生はどう行ったノートパソコンを選ぶべきなのか、何を基準に選ぶべきなのかについてお話ししたいと思います。

ちなみに私自身はMacBook Proを使用しています。学部はネットワーク情報学部でSEOサイトや広告代理店でインターンを行なっています。

私自身の経験談も交えながらお話ししますので、具体的な参考例になれば幸いです。


大学生はノートパソコンを使うのか?

結論から言います。絶対に必要です。

今や周りの大学生の9割はノートパソコンを持っている時代です。大学生がノートパソコンを持っていないのは正直環境的に辛いです。

「自分はノートとペンで十分だから」「親が使っているPCを貸してもらえばいい」と考えている人もいると思います。しかし、自身のノートパソコンを持っているといないのでは、時間の使い方や活動の幅自体に影響してきます。

ちなみに、私の学部では全員がMac系のノートパソコンを所持しています。特に情報学部に行く人が100%ノートパソコンを所有する必要があります。


大学生は何にノートパソコンを使うのか

では、大学生は生活のどこでノートパソコンを必要とするのでしょうか。

1.大学での講義

まずは大学での学業で使用します。レポートやプレゼン資料の作成はもちろんのこと、講義中などのノートもPCを使用すれば手書きのノートよりわかりやすく端的にまとめることができます。

以前は、電子機器が使えない講義が多くありましたが、現在ではそのような講義の方が少なくなってきています。講義資料自体も大学のサイトからダウンロードするなんてこともあるのでノートパソコンが必須の授業もありますよ。

2.インターンや就活

 私はインターンでノートパソコンをフルに活用しています。ウェブ広告会社なのでノートパソコンを使用して広告の売上推移などのデータをレポート化したりします。

インターンを探す時やバイトを探すときはスマホで行うよりも、パソコンで行なった方がみやすく、使いやすいです。

 また、就活の時は会社を調べたりその会社の業務内容、評判などをまとめたりと、パソコンに向き合って作業をする時間が必ず必要になってきます。

現在の社会ではパソコンを使えることは当たり前になってきています。大学生活からエクセルやタイピングを覚えておけば就職してからかなり優位に進めます。今のうちから自身のパソコンで練習しましょう。


大学生がノートパソコンを選ぶ基準

大学のみで使うことを考えず、社会人になってからも、インターンなどを考えると

・ストレージ

・CPU

・容量(メモリ)

・サイズ(重さ、大きさ)

・OS

の5個の観点を確認して決めることをお勧めします。

ストレージ

ストレージは長期でデータを保存する場所です。デスクトップなどにフォルダが表示されていますよね。あれも、大きく言うとストレージです。このストレージは128Gあれば大学生活では困ることはないかと思います。

私の場合は256Gを使用しています。動画編集などをする方は256Gの方が良いと思います。また、ストレージがいっぱいになってしまった場合、SSDやHDDを使用しましょう。


CPU

個人的にはこれが最も大切なものであると思います。CPUはパソコンの脳です。CPUの性能が高いと一つ一つに処理速度が早いので「性能が良い」パソコンであると言えます。

Intel社のCoreシリーズをお勧めしますが、細かくてわからないと思います。基本的な大学生の方はCore i5があれば問題ないと思いますよ。


容量(メモリ)

先ほどのストレージは長期保存ですが、こちらは一時的にデータを保存するものです。Webの閲覧などの一時的な保存がこのメモリに蓄積されます。容量が大きい方が処理に余裕が持てます。そのため処理速度が早くなります。

大学生であれば8GBのメモリがあれば間違いなく大丈夫です。


サイズ

こちらはより普段の生活に関わってきますね。ノートパソコンの処理をあげることも大切ですが、持ち運びやすさと言う点で選ぶことも大切です。大学生が使用しているパソコンの多くが13インチのものと言われています。この13インチはバックやリュックにおさまりやすいです。

重さは1kg~1.3kgが良いでしょう。それ以上は少し重いと感じてしまいます。


OS

OSと言えば、MacかWindowsかですよね。

大学生が使用する際には性能自体には特に大きな差がありません。デザインで選ぶのをお勧めします。

私の場合は、iMac ProにWindowsのOSを2割程度のストレージで入れています。プログラミングなどを行う場合、Windowsでしかできないこと、Macでしかできないことがあるためです。

価格で決めるおすすめノートパソコン

価格によって当然性能は変わってきますが、それぞれの価格帯の中でもオススメできるノートパソコンを紹介していきたいと思います。

3~6万円台

ASUS ノートパソコン VivoBook

CPUインテル Celeron N4000
メモリ4GB
ストレージHDD 64GB
サイズ11.6インチ
重さ998g
OSWindows 10 Home 64bit
価格¥34,497
評価ノートパソコンの中ではダントツの安さです。性能は他のノートパソコンと比べると劣りますが、レポートなどの作成には十分だと思います。

7~10万円台

HP ENVY x360 13-ag0000

CPUAMD Ryzen(TM)5 2500U
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
サイズ13.3インチ
重さ1.31kg
OSWindows 10 Home 64bit
価格¥91,500
評価10万円をきる価格のノートパソコンではダントツに性能が良いです。CPU的には、Intel社のCore i5と同じような性能となっています。

10万円以上

Apple MacBook Air

CPUインテル Core i5
メモリ8GB
ストレージSSD 128GB
サイズ13.3インチ
重さ1.25kg
OSMac
価格¥136,850
評価この価格帯までなるとMac製品がランクインしてきます。デザイン性に優れており、今まで紹介しているWindows度はだいぶ使用性が異なります。iPhoneとの同期が強いのが特徴的

自分にあったノートパソコンを選ぼう

いかがでしたか?学生にとってノートパソコンが必須アイテムであることをわかっていただけたでしょうか?ノートパソコンは4年間使うことになる大切なアイテムです。自分の生活スタイル、やりたいことに合わせたノートパソコン選びをしましょう。このサイトでは大学生にとってプラスになる情報をたくさん掲載しています。よかったら他の記事も読んでみてくださいね。最後まで読んでいただいてありがとうございました。