メンズ美容で絶対に行っていけないNG方法

この記事はこんな方におすすめ
・長湯が好きな人
・お風呂は熱めで入りたい人
・スキンケアをきちんとしているのに肌が乾きやすくなってしまっている人
男性のスキンケアは近年注目されています。スキンケアをきちんとすることで、外見も内面も美しくカッコよく変わります。
しかし、スキンケアをしているはずなのに肌が乾燥してしまう方や、肌のキメが荒くなってしまうと感じるそこの貴方。実は、入浴の方法が間違っているのかもしれません。入浴は肌の汚れを落とすだけでなく、血行を促進して代謝を上げてくれるはたらきもあります。
今回は、メンズの多くの人が間違って行っている肌を傷つけるNG習慣を紹介していきます。
その前に、スキンケアについて気になる方はこちらからチェック!それでは早速見ていきましょう。

シャワーや湯船はいつも熱め

シャワーや湯船はいつも熱め

お風呂は熱い温度で入るのが好きな人は多いですよね。しかし、38℃と42℃のお湯で入浴後の肌の水分量を調べたところ、42℃のお湯に入っていた人の方が38℃のお湯より多くの水分が失われているという結果になりました。

また、熱いお湯に入ると、炎症やかゆみの原因になる「ヒスタミン」という物質が出やすくなるので肌を傷めてしまう原因にもつながってしまいます。

皆さんの肌は思っている以上にデリケートです。きれいな肌を育てていくためには、優し接してあげましょう。

入浴後、しばらく涼む

入浴後、しばらく涼む

夏場などに多いですが、お風呂上がりに火照った体を涼ませるために衣服を着ないで涼んでしまう、なんてことはありませんか?

実はお風呂上がりに重要なのは、保湿です。お風呂上がりにバスタオルで水分を拭き取ったら、全身に保湿剤を塗るなどして、きちんと失われた水分は保湿しましょう。

時間が経過すればするほど、水分は蒸発していきます。化粧水、乳液を早めにつけましょう。身体の乾燥が激しい人は、ボディにも化粧水をつけてから乳液をつけたり、ボディオイルもしっかりと潤うのでおすすめできます。

出かける前に朝シャンをする

夜酔っ払うとシャンプーが面倒なので朝出かけるときにシャンプーをすることが多いです。
朝にシャンプーはおすすめできません。どんなに遅く帰宅してもその日のうちに、夜のシャンプーをおすすめします。
1日過ごした髪の毛や頭皮は、あなたが思っているよりほこりや皮脂で汚れています。1日の汚れが残ったままだと、髪の毛の正常な成長を妨げます。髪の毛もきちんとケアしてあげることが必要です。髪の毛のケアの仕方、正しい髪の洗い方が気になっている方はこちらの記事も読んでみてください。

毎日ボディタオルと石けんで身体を洗う

 

肌の汚れを落とすなら、力強くゴシゴシ洗えばいいんだ!
汚れは落ちるかもしれません。しかし、落ちているのは汚れだけではありませんよ!
実は私たちの肌には、水分が蒸発しないようにするための「天然の保湿成分」があります。この」保湿成分は肌の最上面である「表皮」という部分に存在しているんです。そのため、強い力で洗ってしまうと一緒に保湿成分まで洗い流されてしまいます。
肌からの刺激を守るバリアの役割はこの「天然の保湿成分」が担っています。石けんなどのボディソープには「界面活性剤」というものが含まれており、使いすぎるとバリアの機能を低下させてしまう可能性があります。
これにより肌は、刺激に弱い不安定な状態になり、乾燥肌や肌荒れの原因になるのです。
首周り、胸、わき、耳の裏は毎日汚れを落としましょう
男性は女性に比べて皮脂分泌量が多いです。皮脂腺が集中している首周り、胸、わき、耳の裏は毎日汚れを落としましょう。その際、ボディタオルなどの使用は避けて、泡だてたボディソープでなでるようにして洗うのがポイントです。それ以外の部位は、シャワーで洗い流すだけでも汚れは落ちます。石けんなどを特に使う日つよはありません。

ボディーソープの使用は2〜3日に1回で十分です

ボディーソープの使用は2〜3日に1回で十分です

繰り返しますが、ボディソープには界面活性剤が含まれています。そのため、毎日使うと乾燥しやすくなる可能性もありますので、使用頻度はコントロールするようにしましょう。

自分の入浴を見直してみよう!

自分の入浴を見直してみよう!

いかがですか?貴方の日頃の入浴法はお肌を傷つけていませんでしたか?毎日の入浴ケアを見直してあげると乾燥肌、肌荒れなどは防ぐことはできます。今回の記事をきっかけに自分の入浴法を見直してみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。「Compass」では10〜20代のメンズに対して毎日美容情報をお届けしています。よかったら明日も見てください。それでは。今日も行ってらっしゃい!