メンズ脱毛の痛みは?経験者が語るメンズ脱毛の痛み

メンズ脱毛が近年注目され、興味を持っている男子も多いと思います。しかし、脱毛は痛みが強いなどと行ったマイナスなイメージが強いですよね。今回は、メンズ脱毛が本当に痛いのか脱毛経験者が実際に施術を行った経験を話したいと思います。

メンズ脱毛って痛くないの?経験者が語るメンズ脱毛の痛み

メンズ脱毛について男性が一番気にしているのが『メンズ脱毛って痛いの』という点です。メンズ脱毛の口コミで検索をすると口コミの多くに、

・脱毛を行ったが針を刺すような痛みがした!
・脱毛は痛みが強かったので1回きりで終わりにしてしまった!
メンズ脱毛経験者
メンズ脱毛は痛みが強いという口コミが多いことは事実です。私自身脱毛を行うまで非常に心配でした。。
今回はメンズ脱毛の痛みについて実際に脱毛を実施した私の視点から詳しく解説していきたいと思います。

メンズ脱毛への心配や不安をまとめてみた

メンズ脱毛への心配や不安をまとめてみた

現在は、女性だけでなく男性も脱毛を日常的に行うようになりました。しかし、実際に自分たちの周りに脱毛を経験したことがある人は少ないのではないでしょうか。また、メンズ脱毛を行っていたり、興味があったりしてもそれを身近な人に話すのには勇気が入りますよね。

まずは、メンズ脱毛に興味がある人、脱毛施術を行ったことがある人に脱毛に対して心配していることは何かを調べました。

男性がメンズ脱毛の際に思う心配や不安は何ですか?

実際にアンケートを行い、口コミをみてみた結果、心配や疑問に思うことには以下のようなことがあげられるようです。

・痛みや肌へのダメージはどれくらいあるのか?
・効果が実際に出るまでにはどれくらいの期間通えば良いのか?

・脱毛体験などで1回行えば脱毛効果はわかるのだろうか。
・脱毛方法には何種類かあるが、それには違いがあるのだろうか?
・1回の脱毛にはどれくらいの費用がかかるのだろうか?
・脱毛で調べたところ、サロンとクリニックがあるのだが、その2つの違いは何なのだろうか?
・脱毛する部位には制限があるのだろうか?
これらは、一部の人の回答ですが、多くの人が上のような回答をしていました。
これらの質問の中で、一番多かった意見のTOP3について詳しく解説していきたいと思います。

第3位:期間

脱毛を行うに当たってどの程度の期間行わなければいけないのかという意見が第3位にあがりました。実際に完全にツルツルにするのか、効果を実感する程度なのかで期間は変わってきますが、1年から1年半ほど行くと脱毛効果を得られるというデータが多いです。

第2位:料金・費用

メンズの多くが勘違いしがちなのですが、脱毛を1回いけば終わりだと思っている人が多いです。脱毛を完全に行うためには、複数回施術を実施する必要があります。
そのため、費用・料金が高額になるのではないかと不安を感じている人が多いようです。

また、サイトによって料金プランがバラバラなため、どのくらいの費用感なのか理解できないという人もいるようです。

第1位:痛み

やはり、多くの方が悩みや不安を抱いていることは施術中の痛みとなりました。『男は痛みに強い!』全然嘘です。メンズも痛い時は痛いですよね。

施術を初めて行うときにひどい痛みを感じてしまったらいくら綺麗になるためとはいえ、施術を続けていくことは難しいのではないでしょうか。

では、なぜメンズ脱毛が本当に痛いのかという不安が生まれるのでしょうか?

メンズ脱毛による痛みってどんな痛み?

メンズ脱毛による痛みってどんな痛み?

メンズ脱毛を行う際に起こりうる痛みは以下の2種類の痛みとなっています。

・施術時の痛み

・施述後におこる赤みや腫れ

今回の調査では特に施術時の痛みを心配する口コミが多かったです。そこで今回はまずは施術ごとの痛みについて詳しく解説してきたいと思います。

メンズ脱毛の脱毛方法は5種類ある

メンズ脱毛の脱毛方法は5種類ある

医療レーザー脱毛

こちらの脱毛はプロによる医療レーザーを使った脱毛です。医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応してレーザーを照射することにより、脱毛を行います。レーザーは毛を生やす組織までダメージを与えるので一番効果が早くみられます。また、痛みや肌へのダメージも最小限に抑えることができます。

ニードル脱毛

永久脱毛を行いたい方はニードル脱毛をおすすめします。こちらの脱毛は毛穴一つ一つに針を入れ、そこに電気を通し、毛根・毛球・毛乳頭の全てを破壊して脱毛を行います。痛みは一番大きく、価格も20〜30万円と高額ですが、効果に関しては一番です。

エステ(サロン)脱毛

こちらは、レーザー脱毛なのですが、医療用のレーザー脱毛ほど照射力は高くありません。医療用レーザー脱毛は医療機関でしか行えませんが、こちらの脱毛はサロンで気軽に行うことはできます。一時的に抑毛ができる程度で菅、価格は非常にリーズナブルです。回数はかなり通う必要があります。

家庭用脱毛器

こちらは光を照射する脱毛を自宅で行うことができます。家庭用脱毛器は脱毛することは可能ですが、メンズの太く濃い毛はあまり向いていません。プロの手によって行われる脱毛と比べるとやはりさは出ます。料金は抑えることができますが、効果が出るまでの時間はかなり長くなります。

抑毛クリーム

こちらのクリームは気になる部分に塗ることで、ヒゲの一本一本を弱くしています。除毛クリームと違い、ヒゲを弱くするので効果が出るまでには1〜3ヶ月ほどの期間が必要になります。抑毛クリームは肌への負担は少なく料金も抑えられます。


今回は脱毛エステサロンや医療機関で行われている、医療レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛について詳しく解説していきます。

医療レーザー脱毛の痛み

医療レーザー脱毛はレーザーを照射する際に痛みが生じます。個人差はありますが、輪ゴムを弾いたような痛みが生じます。

医療レーザー脱毛はクリニックなどの医療機関での施術が可能です。そのため、麻酔を行うことがでキアmす。痛みが心配な人でも安心して施術を受けることができるのでおすすめできます。

麻酔の種類
・笑気ガス

・クリームタイプ
どちらも麻酔の効き方に個人差があるため、医師のカウンセリングや診断を踏まえて使用しましょう。

フラッシュ脱毛の痛み

フラッシュ脱毛は脱毛エステサロンで行われている施術方法となっています。医療レーザー脱毛で使う脱毛機器よりレーザーの出力が弱いため、痛みが少ないことが特徴となっています。痛みが全くないことはなく、個人差によっては痛みを感じることがあるようです。

ニードル脱毛の痛み

ニードル脱毛は、施術中の痛みもありますが、施術後に赤みや腫れが生じるケースがあるようです。なぜなら、この脱毛方法は毛穴一本一本に針を刺す施術だからです。最近では絶縁針脱毛なども出てきており、より痛みが少ない施術が可能になっています。

ニードル脱毛の詳しい記事はこちらから。

どの施術方法が最も痛いのか

どの施術方法が最も痛いのか

個人差はありますが、一般的に痛みが強い順番として、

ニードル脱毛>医療レーザー脱毛>フラッシュ脱毛

というようになっています。どのエステサロン、クリニックのHPを見ても痛みが全くないという記述をしているところはありませんでした。

脱毛施術後におこる痛みの原因は?

施術後の痛みへの心配については以下のような問題が生じていることがほとんどです。

・埋没毛
・毛の残存
・痕
・火傷
・ニキビ
このような施術後におこる肌トラブルによって肌への痛みが引き起こされています。こうした悩みは施術を受けているサロン、クリニックに必ず連絡しましょう。また、クリニックの場合は専属の医師がいるはずですので処方箋を受けることが可能です。

カウンセリングであらかじめ肌質をチェックしよう!

メンズ脱毛の施術方法は3種類あることが理解できたと思います。これらの施術方法は肌質、毛質に合わせて適切な選択をすることで痛みを軽減させることが可能です。メンズ脱毛の痛みが気になる人は必ず無料のカウンセリングを受けましょう。

まとめ

いかがでしたか?メンズ脱毛はカウンセリングを受け、正しい施術方法とアフターケアを受けることで痛みは十二分に軽減させることが可能です。まずは、近くのクリニック・サロンが開催している無料のカウンセリングに行ってみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。Compass」では10〜20代のメンズに対して毎日美容情報をお届けしています。よかったら明日も見てください。それでは。今日も行ってらっしゃい!