[2020年最新版]マッチングアプリのサクラを回避する方法

読者

マッチングアプリでの恋愛に不安がある。
過去にサクラに引っかかってしまった経験がある。
どうやってサクラを見分ければいいのかわからない。
今会話をしている相手がサクラではないか心配になってきている。

こういった不安や疑問を持つ皆さんへ絶対に押さえておきたい予備知識を紹介します。

本記事の内容

・出会い系のサクラには4つのパータンがある
・サクラを見極めろ!5つの特徴を徹底解説
・サクラの少ない出会い系サイトを見極めるには?
・[2020年]サクラの最新手口を紹介

この記事を書いている僕は、大学4年生です。趣味は筋トレとブログ更新。
僕には1年半付き合っている彼女がいます。現在進行形でラブラブです。しかし実は出会いは「出会い系アプリ」でした。
全くモテなかった僕でも素敵な彼女と過ごすことができています。
この記事では僕がマッチングアプリで経験したサクラの被害を元に最新のサクラの手口を紹介したいと思います。僕の失敗経験。そのほかの人のサクラでの失敗経験を参考に、ネット恋愛を成功させてくれると嬉しいです。

※3分ほどで記事は読み終わります。3分後にはきっとあなたはネット恋愛に関する考え方が変わっています。

[2020年最新版]マッチングアプリのサクラを回避する方法

出会い系、マッチングアプリと聞いてどんなイメージがあるでしょうか。
あまりいいイメージを持たない方もいるのではないでしょうか。そうしたイメージは「サクラ」がいるというイメージが大半です。
出会い系アプリ、マッチングアプリはサクラが発生しやすい場所です。

サクラには大きく分類して4つのパターンがあります。このパターンの仕組みをしっかりと理解することで、出会い系にはなぜサクラがいるのかという疑問が解決できます。

出会い系のサクラには4つのパータンがある

出会い系のサクラには4つのパータンがある

読者

出会い系のサクラのパターンについて教えてください!

それでは早速4つのパターンを徹底解説していきます。

1. 他のサイトへ誘導するケース

出会い系に発生しがちなサクラですが、ほとんどの場合が別の高額サイトへ誘導させるケースが多いです。

別サイトがお金を払って女性ユーザーに別サイトでの登録サイトを男性に促します。
「このアプリあんまり使わないから、こっちのアプリではなそ!」

などと言った言葉には要注意です。
こうした手口で登録させてくるサイトには高額な請求をしてくる違法サイトが多く、被害にあってから取り返しのつかないことに…。なんてこともあります。

こうしたサクラがいるのは「完全無料」や「女性は無料」と言った出会い系が多いです。サクラが利用料を支払うことなく活動ができるため、女性にとってはサクラを演じるデメリットがないのです。

男女ともに料金が発生するようなマッチングアプリはこうしたサクラが発生しにくくなっています。

2. 出会い系アプリの運営が雇っているケース

このパターンのサクラは「データ入力」などと言った求人を見てきた人が、1つの部屋で数十人という人数でメールのやり取りをしているケースが多いです。

こうしたサクラが発生してしまうのは、1通あたりでメール送信量を請求してくるタイプの出会い系です。

会員数が多い安心安全なマッチングアプリ、サイトを選びましょう。

3. ビジネス勧誘や援助交際のケース

デートのつもりで会ってみたらいきなり投資などのビジネスの話が始まった…。なんて話を耳にしたこともあるかもしれません。ビジネス勧誘は実際に会ってみないとわからないので防ぐことがかなり難しくなっています。

一方援助交際に関してはいきなりアダルトな内容を送ってきたり、長文で性的なことを言ってくる場合はほぼ100%援助交際が目的です。こうした人と会話をしても自分のお金が無駄に減ってしまうだけです。相手にしないようにしましょうね。

【写真に騙されるな!失敗から学ぶ援助交際】
援助交際目的の女性の写真は必ずと言っていいほど自分の写真でないことがほとんどです。
僕も実際に会ってみて全く違う人が出てきてかなり困惑したことがあります。
美女から「会いたい」というメッセージはまず来ないと思っていて大丈夫です。
喜んで行っても期待を180度裏切られます。

4. キャッシュバッカーであるケース

出会い系の運営の中には、女性会員が定着するためやサイト内の活動が活発になるために女性に対して「男性とメールのやり取りをしたら1通あたりポイント還元をする」と行った仕組みを取っているところもあります。

この制度自体は悪くないのですが、この制度を利用してお小遣い稼ぎをするような女性も出てきます。
このような女性たちは「キャッシュバッカー」と呼ばれています。そもそも素人の人なので一般の人と見分けがかなりつきにくく、一度ハマってしまうと利用料をたくさん払ってなんの成果も得ることができなかったと行った結末になってしまうことが多いです。

多くの有料サイトでは、このキャッシュバッカーが現在問題視されています。そのため、キャッシュバックの金額を下げたり、無くしたりしています。しかし、全く無くなっっているわけではありません。

こうしたパターンを見極めるには、LINEなど他のSNSに移動できるかどうかです。相手の女性が頑なにマッチングアプリでしか話をしない場合はキャッシュバッカーである可能性がかなり高いです。

サクラを見極めろ!5つの特徴を徹底解説

サクラを見極めろ!5つの特徴を徹底解説

読者

なるほど、、、。僕が今まで失敗していたやり取りは、
相手がキャッシュバッカーだったのかもしれません。
どうしたらサクラや業者を見極められるのでしょうか。

次にサクラや業者の特徴を5つほどお話しします。このポイントに1つでも当てはまったら疑いの気持ちを持って相手と会話をすることが大切です。
マッチングアプリなどで相手と話すとどうしても盲目になりがちですが、常に疑いの目を持つことで、自分の被害を最小限で抑えることが可能です。

1. 会話が全く噛み合わない

これは相手がサクラや業者である典型的なパターンです。サクラは1度に何十人という人数の男性を相手にしていたり、時には機会がメールを自動返信することがあります。

自分が送ったメッセージに対して、全く噛み合っていない文章が返ってきたり、文法がおかしいというようなことが会った場合サクラではないのか?と常に疑いましょう。

同じ地元と言っているのに地元の話をしても盛り上がらない場合はサクラである可能性があります。

2. いきなり性的な内容を話してくる

プロフィール写真や会話の内容がアダルトな内容な相手は、サクラやデリヘル業者である可能性がかなり高いです。

アダルトな会話になるとついつい会話をしてみたくなる気持ちはわかりますが、あまりお勧めできません。
援助交際やデリヘルの業者の場合は、客を早く捕まえたいので条件を次々に出してきます。
つまり、アダルトな内容の書き込みなどをしていたとしても、条件などを中々提示してこない場合はサクラである場合が多いのです。

マッチングアプリで大人な関係を探す人もいないわけではありません。そうした女性を探した場合はあくまで自己責任になります。気をつけてくださいね。

3. 違う出会い系サイト、アプリにすぐに誘導してくる

会話をしてすぐに「私このアプリをあんまり使わないからこっちのアプリではなそ!」などと言った場合は100%サクラです。すぐに連絡を撮るのをやめましょう。

最近では一度LINEやカカオトークに移行して何通かやり取りをして相手を油断させてから違うサイトに誘導させるケースもあります。LINEやカカオトークに移行したとしても、聞いたことがないようなサイトに登録はしないようにしましょう。

4. 利用サイト、アプリ以外の方法で連絡を取ってくれない

マッチングアプリである程度連絡を取ったら、LINEなどリアルでも会いやすい安心な無料ツールに誘導して良いと思います。そうした際にその誘いを頑なに断る女性は「キャッシュバッカー」である場合が多いです。

僕の経験上、10通以上やり取りをしてもブロックができるLINEを断るのは少し怪しいと思います。
実際に会うとなって連絡先を教えてくれない場合もサクラです。
そうしたサクラと待ち合わせをした場合は最悪のパターンになります。待ち合わせ時に「どこにいるの?」「いないんだけど?」と言ったような会話で大量にポイントを消費させられてしまいます。結果会えずじまいということもあります。

5. 話ができすぎていないか

自分には見合わないような素敵な女性からものすごく連絡が来ていることや、ものすごく綺麗な人なのに不倫相手を探しているなど、少し冷静になればありえないような話には必ず疑いの目を向けましょう。

スタイルも良く、顔も綺麗な人は自分からメッセージを送らなくても1日に何十人という男性からアプローチを受けています。
ついついメッセージを返したくなる気持ちはわかります。しかし、できすぎている話を信用せずに、疑いましょうね。

サクラの少ない出会い系サイトを見極めるには?

サクラの少ない出会い系サイトを見極めるには?

読者

ではサクラのいないような出会い系アプリの選び方はどのように
すれば良いのでしょうか?

残念ながら、サクラが100%いないと保証できるマッチングアプリ、サイトはありません。
しかし、サクラの少ない出会い系には共通点があります。
今回はサクラが少ないと言われている出会い系サイト、アプリの3つの共通点をご紹介します。

1. 年齢確認をきちんと行っている

出会い系サイトは、年齢確認を実施している場合がほとんどです。それもそのはず、出会い系サイト規制法という法律によって、出会い系の業者さんは18歳未満の児童をサイトに登録できないように予防措置をとる責任があるのです。

年齢確認を行っているのはその一環のためです。年齢確認を行っているサイトは基本的に国の認可をきちんと受けて事業を行っています。そのため、運営が悪徳業者である可能性は極めて低いです。

また、年齢確認のタイミングで、登録人物の重複や偽名なども防げるのでサクラもかなり登録しにくくなっています。

逆にいうと、年齢確認などがないサイトは違法です。また、サクラも大量にいますので気をつけましょう。

2. 実際に出会えたという声があるか

出会い系サイトで相手ときちんと出会えているような実績がないサイトには悪い噂が必ず流れます。国内大手のマッチングアプリ、サイトのほとんどがしっかり出会えたという声、「信頼」があるので人気なのです。

少し注意すべき点は出会い系サイトの口コミです。口コミは、運営が捏造している場合や報酬を得てブロガーが書いている場合もあります。

口コミサイトの口コミの「出典元」やアンケートの「概要」が書かれていないような口コミサイトのレビューは信用しないようにしましょう。

3. サイト管理者が悪事を見逃していないか

サクラや業者がいないことも大切です。しかしもっと重要なことは、サイトがしっかりとサクラや業者を監視して悪事を見逃していないことです。

こうした管理システムがしっかりしていないサイトは基本的に無法地帯となっています。

有料マッチングアプリ、サイトでは監視や取締体制をきちんと明確に提示しています。そう言ったことを提示していないサイトは怪しいでしょう。

[2020年]サクラの最新手口を紹介

[2020年]サクラの最新手口を紹介

読者

なるほど。サクラにきちんと対応できそうです。
最近ではどう言った手口が増えてるのでしょうか。

最近ではマッチングアプリ、サイトの監視が強化されているため、サクラの手口もどんどん巧妙なものになってきています。

最後に巧妙化しているサクラの手口とその手口をうまく見極めるためのポイントを紹介していきたいと思います。

1. アプリでしっかりラインを取った後にLINEに誘導する

今までのサクラの見分け方は「すぐにLINEに誘ってきたり」「美男美女」が誘ってくるということがほとんどでした。

しかし、現在では一般的な異性がアプリ内でやり取りをある程度したとにLINEでの会話の移行を誘ってきます。

また、「LINEが迷惑であれば、このままでもいいよ」と言ったスタンスで誘ってくるので判断がつきづらいです。

【見極めポイント】
・LINE交換をした後に相手がアプリを退会していないか
・女性から男性に対して積極的に質問を投げかけてくる

2. カカオトークだけならオッケーだよと言った誘い

出会い系アプリ、サイトの中で「カカオの交換だけならOK」とプロフィールに書いている人がいます。LINEは親しい人とやり取りを行い、カカオトークで小遣いを稼いでいると言った場合もあります。

こうした女性にも気をつけましょう。

まとめ

今回は出会い系のサクラに関して、仕組みから見分け方までを徹底的に解説してきました。

どんなに優良な出会い系サイトでもサクラは100%0とは言えません。サクラをきちんと理解した上で対応をすることが大切です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「Compass」では筋トレ情報や、メンズの美容情報について毎日発信しています。
よかったら他の記事も読んでみてください。

それでは今日も行ってらっしゃい!