【無料公開】高校生のうちから人に差をつけられるスキル

どうも、ガミです。僕はあまり後悔をしません。「反省はするけど後悔はするな。」割と僕のマインドを支えてる言葉です。

そんな僕も来年大学4年生。人生の分岐点に立たされている今、高校生のうちにこれをしておけばもっと近道できたんじゃないかな?と思うことはあります。その中でも今回は、どんな人にでも共通する、人生を幸せにする近道ポイントを3つ紹介していきたいと思います。
特に今読んでいる僕より若い人はよく考えて欲しい!

僕が高校のうちに身につけておけば良かったと思う3スキル

僕が高校のうちに身につけておけば良かったと思う3スキル

失敗をしまくる

僕は自分の年齢をlevelに例えて表現することがよくあります。なので僕はlevel 21。人生はロールプレイングゲーム。失敗したら積み上げてきたlevelは0になってしまいます。僕は、年齢が高い人は自分のlevelが0になる、下がってしまうことを恐れて一歩前に進みづらくなってしまっているのだと思います。僕自身、今から新しいことをやろうと思うと中学、高校の時より足踏みしてしまいます。

「level(年齢)が低い人の強みは何か?」そう。失敗してもすぐにやり直せること。

良い意味で今まで積み上げてきた心のハードルがないことです。僕は中学高校と新しいことをやるチャンスはたくさんありました。しかし、あまりチャレンジをしなかった。たくさんチャレンジをすればたくさん失敗します。しかし、実際の世界はゲームの世界と違い経験値は0になりません。巡り合わせできたチャンス、やってみたいと思ったことには何でも手を出してみることが大切です。答え合わせはまだまだ先です。

お金について勉強する

お金について勉強する

日本ではいつお金について勉強する機会があるでしょう?答えは自分で行うしかありません。何故なら、学校の先生のほとんどはお金について詳しくないからです。資本主義社会の僕たちに必要な学習は、科学、国語、数学様々な学習よりお金の稼ぎ方だと思います。
私たちは恵まれてる環境にあります。何故なら、お金について自分で調べ、知識を得ることができるからです。効率的な稼ぎ方、税金について他の人より少しでも知識があればあなたの幸せはぐっと近づくと思います。

カッコいいと思えることを一つでも増やす

自分の夢と聞かれて即答できたのは、幼稚園が1番かもしれません。何故小さい子が夢を即答できるのか。それは、自分の中に明確なカッコいい、こうなりたいという憧れがあるからです。

自分の中でカッコいいと思えることをノートに書き出しましょう。

それが溜まっていけば貴方はどういう時にどんな事をしている人に憧れているのか、どんなものを見た時に感動するのかが客観的にわかるはず。 大切なのは客観的な自分です。鏡を見たときの姿や録音に収められている自分の声。どこか違和感を感じますよね。人は自分の中で自分を正しい評価で見ることはあまり多くありません。大切なのは他人から見られたときの自分の姿、性格。これを分析する事で新しい自分が見えてきます。そのためにも普段自分が何気なく思っているカッコいいを集めましょう。

カッコいいと思えることを一つでも増やす

いかがでしたか?近年インターネットの進化で目まぐるしく日々が変わっていると言われています。しかし、それは昔でも同じことです。きっと、初めて活版印刷ができた時も、電気ができた時も時代は目まぐるしく変わっています。

今日の話をまとめると

・失敗をたくさんする
・お金について勉強する
・カッコいいと思うことを一つでも増やす

というこ3点についてまとめました。

そんな時代で幸せを掴んできた人たちは時代に合わせて自分をアップデートし続けていけた人たちです。

今日お話しした3つスキル。これを自分なりにアップデートし続ければきっと自分のlevelがいくつになっても戦えると思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。