女子大学生にとってのチークの役割|おすすめチークも紹介

こんにちは。大学生になってから本格的にメイクを始める人は少なくありません。しかし!一人暮らしの女子大学生がメイクの仕方を勉強するのは正直面倒だという声が読者さんから上がりました。そこで今回は、「チーク」に焦点を当てて女子大学生にとってのチークの役割について特集したいと思います。おすすめチークも紹介しますので、これから本格的なメイク勉強を考えている方も、普段と違う雰囲気を出したいおしゃれ女子の方も必見です。好評なら違うアイテムでも特集したいと思いますので、コメントお待ちしています。


チークってなんでつけるの?

チークってなんでつけるの?

ではそもそもチークはなんでするのでしょうか?それがわかっていないお化粧初心者も少なくないと思います。普段何気なく使っているチークですが、つけるとつけないではメイクの仕上がりが全く変わってきます。チークによって得られる効果をまとめてみました。

血色をよく見せる

チークを入れることによって、ファンデーションなどのベースメイクで隠れてしまったお肌の血色をよく見せて、健康的な女性らしい雰囲気を醸し出すことができます。

イメージを変えられる

チークの入れ方を変えるだけで、大人っぽくも、可愛くもカジュアルにも・・どんなイメージでも演出させることが可能です。

小顔効果➕骨格のコントロール

チークの入れる場所を変えるだけで顔の陰影が大きく変わります。そのため、上手な人は小顔に見せることが可能です。チークの視覚効果によって理想の骨格を表現することが可能です。

チークの種類・使用感

チークの種類・使用感

チークといっても、大きく3種類に分けることができます。それぞれにメリットがあるので、なりたいイメージ、用途、肌の質感によって使い分けることが大切です。


パウダーチーク

こちらのチークはブラシでふんわりとお肌に入れます。そのため、ムラができにくく失敗が少ないのでメイク初心者さんにオススメできる種類です。

仕上がり具合はマットな仕上がりになることが多いですが、パールやラメ入りのものを選ぶことで華やかさ、肌ツヤ等、質感も調節することが可能です。

つけすぎてしまうことが多いパウダーチーク。ティッシュの上などで余分なチークを落としてから肌に乗せることでつけすぎを防ぐことができて自然な仕上がりになります。

個人的なオススメ

個人的なオススメコスメ

ローラメルシエブラッシュカラーインフュージョン

3,780円 (税込)がオススメです。


クリームチーク、スティックチーク

指を使って広げるので、色の濃淡をつける範囲が調節しやすいのがこのチークの特徴です。スティックチークはクリームチークをスティック状にしたものなのでここでは同じものとします。

仕上げにパウダーチークを重ねることでマットな質感にすることも可能です。なりたい雰囲気によって使い分けられるのがこのチークの特徴。

肌への密着度が高いので化粧崩れがすくなく下地としての役割を果たすのもオススメのポイント。リップ、アイカラーとして使えるものまであるので、統一感を持たせたい時にはぜひ使用しましょう。

1色だけでなく、濃淡の違う2色のチークを使用すると立体感のある仕上がりになりますよ。

個人的なオススメ

クリームチーク、スティックチーク

THREE シマリング グロー デュオ

3,110円 (税込)がオススメです。


リキッドチーク

ナチュラルメイクには必須の「リキッドチーク」。ナチュラルメイクなので血色のある仕上がりになります。お肌に染み込むように馴染むので化粧崩れの心配もないです。

クリームチーク、スティックチークのようにリップカラーやアイカラーとして使えるものもあります。

個人的なオススメは

リキッドチーク

INTEGRATE(インテグレート) / シルキーマットリップ

参考価格:1,100円(税込)がオススメです。

女子大生にオススメのチーク

オススメカラー

女子大学生にオススメなカラーは、「レッド」と「ピンク」です。理由としては、かわいい&セクシーな雰囲気が出せるからです。いつもと違った雰囲気の自分を楽しみましょう!

・レッド

自然な血色感を演出することが可能な「レッド」。大人っぽさを演出する時には大活躍間違えなしの王道カラーです。

・ピンク

やや楕円形にして大人っぽいイメージにしてピンクを入れることでかわいさだけでなく女性らしさも加えることができます。

上手につけるテクニック

女子大生らしさを出せるテクニックとしては、目尻から口角をつなぐ線の内側がもっとも濃くなるように意識してチークを入れるのがポイントです。内側からグラデーションを作ることで自然な血色が出て上品な色気をかもし出すことができますよ!

上級者にワンポイントテクニック

ほとんどの人がチークを塗る時に頬のみで終わらせてしまいます。しかし、実は隠しテクニックがあるんです。

【鼻下チーク】

頬につけたチークの残りを鼻下に薄く入れます。そうすることで、鼻と口の幅が狭く見えて美人顔に変身します!オレンジ系の色を薄く入れることで自然に仕上げることができます。

【あごチーク】

あごの先にチークを入れるだけで、シャープに見せることができます。しまった輪郭を作ることで、小顔効果も期待できます!


自分に似合うチークに挑戦しよう!

いかがですか?普段意識していないチークも少し工夫するだけで、自分らしさを変えるアイテムに早変わりします。自分のなりたいイメージや、似合うカラー、付け方を研究することで、おしゃれ女子になりましょう!


最後まで読んでいただきありがとうございました。大学生プラスではこの他にも大学生に向けた情報を発信しています。よかったら他の記事も読んでみてくださいね。最後まで読んでいただきありがとうございました。