20歳になった大学生必見!失敗しないクラブデビュー知識まとめ

Yくん

20歳になったからナイトクラブに行ってみたい。
行ってみたいけどどんなところかイマイチよくわからない。
めちゃくちゃお金取られたりするんじゃないの?
自分コミュ障だけど大丈夫?
クラブの中での楽しみ方がわからない!

こういった不安や疑問を持つ皆さんへ絶対に押さえておきたい予備知識を紹介します。

本記事の内容

・ナイトクラブってどんなとこ?
・クラブでのマナー・注意点
・クラブでの4つの楽しみ方
・クラブに行く前に
・まとめ

この記事を書いている僕は、大学3年生です。授業にバイト、サークル活動に勤しむごく普通の大学生です。

私は「クラブ」の一つもない田舎から大学進学を機に上京し、20歳になったタイミングでサークルの先輩にお祝いにクラブに連れて行ってもらいました。
これが僕の最初のクラブデビューです。

結論から言うと失敗しました(笑)。
どうしていいのかわからず右往左往、気付いたら閉店まであと少し。

結果として、、、
年の近い男2.3人とLINEを交換しただけでした…

実際のクラブ事情は言ってみない事には分からないと言うのが実情です。

今回はこれからクラブデビューしようか悩んでいる方々に、あと一歩踏み出す勇気を得られる「ナイトクラブ」について最低限押さえておきたい予備知識について詳しく解説していきたいと思います。

この記事を読んで、クラブデビューしてみましょう!

※3分ほどで記事は読み終わります。3分後にはきっとクラブデビューへの絶対の自信を得られるでしょう。

20歳になった大学生必見!失敗しないクラブデビュー知識まとめ

ナイトクラブってどんなとこ?

ナイトクラブってどんなとこ?

Yくん
ナイトクラブってなんなのですか?

ナイトクラブとは、大音量の「クラブミュージック」の流れる空間で大勢が集まり、お酒・音楽・ダンスを楽しむ大人の社交場のことを言います。

クラブに行く人たちの多くは日常では体験できない爆音で流れるクラブミュージック(EDM)を聞きにきたり、いつも以上にテンションを上げて盛り上がったり、ダンスを踊ったりすることができる数少ない場所であることから多くの人が集まっています。

また、ところによっては外国人の方も多くいます。
中には、異性との出会いを求めてナンパを目的として集まる人もいたり…

年齢層はお店の特徴によって若干差はありますが、20代後半〜30代前半の方が多いです。

この中で紹介した説明の中で一つでも興味のあるものがあればぜひ一度クラブに行ってみることをお勧めします。

・EDMが好き
・ダンスを踊ったり見たりするのが好き
・クラブのライブ感が好き
・生の演出が好き
・異性との出会いの場を増やしたい

きっと想像を超える未知の驚きを体験することができるでしょう。

クラブでのマナー・注意点

クラブでのマナー・注意点

Yくん
クラブについて興味が湧いてきました。
一人で行ってみても大丈夫なのでしょうか?

一人は危険?まずは友達と2人以上で参戦しよう!

まず第一に、一人で行くことはお勧めしません。
慣れない場所で初めての経験をする際、何をすれば良いのかわからずに右往左往してしまうのは世の常です。
慣れていない事によってクラブ特有の「空気感」に馴染むことができず、楽しむ余裕を失ってしまうことが出来なくなるかもしれません。
余程「自分はコミュニケーション能力が高いぞ!」と自信を持って言える人でなければ見知らぬ人に積極的に声をかけることは難しいと思います。

気づけばいつまでも一人のまま寂しい思い出だけが残るなんて事にもなるかもしれません。友人と一緒に行く事でそういった無くなりますし、誰かが一緒にいてくれると言う事で積極的に気になる人に話しかける勇気をもらえるでしょう。私自身初めてのクラブはどのように声をかけたら良いのかわからずになかなか話しかけることが出来ませんでした。

またクラブに来ている人のほとんどは少なからずお酒を口にしています。
そうした人たちが狭い空間の中で踊ったりしているのでぶつかったり、脚を踏まれたりだのとトラブルが起こることは少なくはありません。
そういった際に連れ添いは自衛のためにもいた方がいいでしょう。

狙いどきは金・土曜・イベント開催日!

基本的に毎日営業しているナイトクラブですが、週末である金曜日と土曜日は特に多くの人が集まります。
クラブ初心者が平日(月曜〜木曜)に行くことはあまりおすすめしません。
週末にクラブに行ってしまうと、お酒やハイテンションな盛り上がりよりもダンスやクラブミュージックを純粋に楽しむコアなお客さんが割合多くなるためです。

また、ハロウィンやクリスマスなどにはイベントが行われることが多く、一際テンションの高い会場は誰でもが楽しめるほどの盛り上がりを見せます。

イベントの場合は料金が安い場合もあります。
先ほどは初心者の人にはイベント時の入場はおすすめしませんと言いましたが、イベントの時には特別な料金設定がされていることもあります。場合によっては割高になってしまうこともありますが、安くなる場合もあるでしょう。
クラブの公式サイトごとに日程、料金詳細が記載されていると思うので是非チェックしてみてくださいね!

貴重品の管理を徹底しよう!財布は持たない方がいい!?

たいていのクラブではコインロッカーが設置してあることがほとんどです。
会場内で楽しむときには必要最低限のものだけを身につけ、貴重品は持ち歩かないようにしましょう。
特に財布は落とす可能性大!

これは僕の実体験になるのですが…
僕がクラブに行き出してだんだんとクラブの雰囲気に慣れ出した頃、いつもの様に会場の最前列ではしゃいでいると
ふと気づくポケットの軽さ…
気づいた時には時すでに遅く、広く暗い会場の闇へと僕の財布は消えていきました…
財布の中にはそこそこの現金とクレジットカードや保険証など大事な物も多く入っていましたがお店に聞いても
僕の財布は出てきませんでした…

財布を失くせば警察に届けたりカード会社に停止の届けをたりしなければなりません。
さらには再発行の手間なども掛かるようになるので貴重品の管理には十分に気をつけましょう。

何よりもメンタルがやられます…

グイグイくる人(積極的にくる人)には要注意!?

クラブに行くことの最大の魅力の一つでもある人との出会い!
しかし、中にはナンパであったり怪しいビジネスへの勧誘をしてくる人もいます。
適度な距離感を保つことが付き合いの大事なポイントです。

僕は、マルチ商法の勧誘に引っかかりました(泣)
簡潔に説明すると、あるときクラブ内で何度か話すことがあった女性に「クラブの外でも会わない?」
という風に言われ二つ返事で了承しました。
相手方主導で、最初は普通のデートのようにランチを楽しんだのですが、そのお店を出て次に連れて行かれたところが
マルチ商法の勧誘する事務所に連れて行かれました
執拗に商材(約30万円)を買わせようとしてくるのに対し、考え得る全ての言い訳で対抗することでその場での難を逃れましたが
苦い経験でした…

酒は飲んでも飲まれるな

緊張と興奮でついついたくさんお酒を飲んでしまい翌日には記憶を失いつらい二日酔いだけが残るなんて事にはしたくないですよね。
お酒はほどほどに…

余談になりますが、クラブによっては「テキーラガール」と呼ばれるドリンカーのお姉さんが会場を歩き回っていたりします。
きれいで話し上手なお姉さんに「買ってよ〜」と言われるとついつい買ってしまい、記憶を飛ばしてしまうのが筆者のあるあるです。

これもまた僕の実体験になりますが、お酒はあまり強くはないので一度テキーラのような強いお酒を飲むと
気が大きくなり正常な判断ができなくなってしまいます。記憶もほとんど無く、後日一緒に行っていた友人に
周りにいた見ず知らずの10人ほどにテキーラを奢っていたことを知らされ酷く後悔しました…

ただ一言お伝えしたいのは、「お酒は悪くありません」責任は飲む人間にあります。それだけは忘れず楽しみましょう。

クラブでの4つの楽しみ方

クラブでの4つの楽しみ方

Yくん
なんだか、クラブって怖いところな気がしてきました。
どうしたら楽しめるでしょうか?
そんなとことはありません。冒頭でもお話しした通り、クラブは適切なルールを守れば本当に楽しく遊べる大人の社交場です。

1. 音楽を楽しむ

どういった曲が流れるのかといったところは格お店によって特徴があったりするので事前にリサーチしておくとより楽しめるでしょう。

クラブミュージックは基本的に最新の洋楽をダンスミュージックにアレンジしたものがほとんどです。
洋楽が好きな方は音楽だけでも十分に楽しむことができるでしょう。

ここで、僕がおすすめの洋楽をまとめている動画を紹介します。

2. ダンスを楽しむ

「ダンスを楽しむ」ということを聞いて少しハードルが高くなった方もいるかもしれませんが、EXILEみたいに踊る人ばかりということはありません。クラブミュージックはテンションが上がる曲ばかりでリズムに合わせて身体を動かすところから挑戦してみましょう。
また、自分はダンスに自信のあるという方は是非最前列で自慢のダンスを披露しましょう! 会場内のヒーローになれるかも?

3. お酒を楽しむ

クラブ内では豊富な種類のお酒が取り揃えられています。
強いお酒を飲んでエンジン全開にするも良し、じわじわとゆっくり身体を温めるも良し、自分の好みに合わせて適度に楽しみましょう!
ただし飲み過ぎには注意です。

4. 出会いを楽しむ

クラブでは幅広い年代のいろいろな人と出会うチャンスがあります。
ナンパであったり、怪しいビジネスの勧誘といった側面もありますが、様々な業界や職種の方と交流し、いろいろな有益な話だったりを聞くことができる「大人の社交場」といった面もあります。

一期一会を大切にしましょう!

一期一会を楽しみましょう

Yくん
クラブに行く前に持ち物など、ありますか?

クラブに行く前に

クラブに行く際に必ず必要なもの

携帯必須
身分証
お金(3,000円程度あれば大丈夫でしょう)

クラブに行く際に、本人確認ができる身分証明書を携帯するようにしましょう。
多くの場合入場の際に年齢確認をされます。そこで、年齢を証明できるものがなければ入場することが出来ません。
また、学生証は顔写真付き出会っても他の身分証の提示を求められる場合もあります。 運転免許証など公的なものがあるといいでしょう。

なお、クラブに行く際には身だしなみは男子の必須条件となります。身だしなみについては、なぜモテない?モテ男が実践してる28の方法【ヒント:身だしなみ】に網羅した情報が記載されています。こちらも合わせて読んでみてください。

関連記事

Kくん女子から好感度を上げたい。清潔感って言われてもよくわからない。どういった行動をすれば女性からモテるのか?こういった疑問に答えます。本記事の内容・清潔感ってなんなの?女性が思う清潔感とは・[…]

クラブにはどんな服装で行けばいいの?

自分の個性が出せるようにおしゃれしていきましょう!
過度にラフな格好(ジャージなど)でなければ基本的には気にする必要ありません。
ただし、お店やイベントによってはドレスコードがある場合もあるので事前にチェックしておくといいでしょう。

EDMを予習しておこう

クラブミュージックについて事前に好きな曲があると劇的に楽しむことが出来ます。
ここでは2つの動画を紹介したいと思います。

<クラブで必ず流れる曲>

<日本のクラブで流れやすい洋楽>

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

パリピなイメージでなんとなく敷居の高さを感じてしまう「ナイトクラブ」。この記事を読んで少しでも行ってみようと思えた人がいれば幸いです。

クラブはみなさんが思っているより楽しいことであふれています。危険なこともあるかもしれませんが、きちんとルールを守り目的を持って楽しめば今までより200倍は楽しめるはずです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
「Compass」では筋トレ情報や、メンズの美容情報について毎日発信しています。
よかったら他の記事も読んでみてください。

それでは今日も行ってらっしゃい!